NEWS ニュース

開発レポート第二十回 サンジャス報告2019/1/28

皆さんはじめまして!!
「三極ジャスティス」でゲーム内のサーバー側のプログラムを
担当しておりました、ササキアキラと申します。

「サンジャス」ももうすぐ終わってしまう…との事なので今回は
開発レポートならぬ”開発中だったレポート”(とオマケ)をいくつか書いてみようと思います。

 

「三極ジャスティス」は2018年6月1日にサービスを開始しましたが、その前の2月に、クローズドβという形で世に出ました。
バトルで拠点を破壊し、拠点を建て、三角形を作り領地を広げるゲームです。

しかしクローズドβよりも前、開発中の段階ではいくつか実験も行われていました。
それらの一部を紹介したいと思います。

●三角形の繋がるルール変更

これは企画側からいくつか違った三角形のルールが欲しい、という事からはじめました。
いくつかありましたが、その中でも自分のお気に入りだったルールを一つ紹介します。

”三角形成立時、間に含む敵拠点も破壊する”
というルールです。
間の敵拠点を無視して線が繋がり、かつ敵拠点を一撃で破壊するというルールです。

オセ○やリバーシのような感覚でドッカンドッカン壊れていくので、個人的には1手1手が重要になるのでとても面白いと思っていましたが「バトルが不要になってしまう」との事でボツになりました。
ボードゲームっぽさが好きだったのですが…

●恐怖のスカ○ツリービーム

一定時間毎に、戦場にある建物(ランドマーク)がニョキニョキ生えてきて6方向のうち、いずれかにビームを発射し、その線の上の拠点を一撃で破壊し、消え去る。
”火の7日間”のようなイメージですね。

これは自分でプレイして、あまりに理不尽すぎたのでボツにしました。
「時間があったのでやってみた彡★」ぐらいもので、本当に遊びで作っただけのものです。

●ランドマークを完全ランダム

拠点が置けないポイント、実は見えないランドマークが設置されています。
「毎度毎度、入るたびに同じ形と配置の戦場は面白みに掛ける」という指摘から、完全ランダムにしてみました。
が、今度は「何も置けないポイントが出てくる」「三角形が成立しない」等いくつか問題が出てきたため、「予め指定されたパターンを順番に生成する」という今の仕様に落ち着きました。

以上がボツになったネタでした。

 


 

次はサンジャスをリリースしてから徐々に変えていったものに関して。

●支援用NPCについて

こちらは、開発時の動作検証用に作成したものでした。
攻撃時に、ランダムで簡単な言語だけをしゃべるように設定していました。
「ヤッター」
「コワシタヨ!」
「ミスッタ!」程度です。

しかし、リリース後、間もなくして、”いろいろな事情”から味方として、敵としての稼働をすることになりました。
お客様より「エレガントではない」等のご意見も頂き、確かに…とも感じいくつか改良を加える事にしました

ササキからの提案で、NPCにセリフを加える事を決めたのも支援用NPCをリリースして1週間ほど立ってからの事です。ガスマスク先生とタッグを組み、プレイヤーの行動を見て、固有の顔を持ったキャラクターが反応してくれるというシステムです。

ツイッター等でスクリーンショットを上げてくれるお客様も多く、実装して一番良かったなと思ったシステムでした。
その後にもう少し改良を加え、戦場終結時にMVPについて語るよう実装し、完了となりました。

●拠点設置の優先権に関して

クローズドβの時も同じ指摘を受け、そして正式サービスを開始してからも拠点設置は空きが出来た瞬間から、その場にいるプレイヤー全員での早押し、いわゆる「早押しジャスティス」のままでした。

「せっかく拠点を壊したのに、壊されたほうが立てるのは納得出来ない」という声も多く寄せられ担当者と協議を進め、「納得感こそが重要である」と説得し、現在の多くダメージを与えた陣営が5秒早く優先権を得られる、という仕様に落ち着きました。

前々から準備していたのでは?という声もありましたが、これは本当にリリース1週間前に急いで実装したものです。(NPCが優先権を無視して置いてしまうバグもありました…)

 


支援用NPCについてはプレイヤーが何かチャットに打ち込んだ場合、反応してくれるとかもっと拡張をしたかったな、という思いはありましたが大人の事情でこれも無しになりました。
「ゴン!」「呼んだか?」ぐらいのつもりでしたけども。

 

他にも探せば裏話がたくさん出てきそうですが、今回はこれまでという事でここはひとつ…。
2月末までもう少しですが、「三極ジャスティス」お楽しみください。

ササキアキラ